ゲストハウスクリエイターズノート

金沢でゲストハウス4軒を経営中。今春にSUSHI店もオープン。事業拡大につき、新メンバー募集しています。

全てのゲストハウスが幸せになる2つの方法:理想は全体のパイが増え、それぞれのゲストハウスが個性を発揮すること

   

全てのゲストハウスが幸せになる2つの方法:理想は全体のパイが増え、それぞれのゲストハウスが幸せになること今後ますますゲストハウスの数が増えていく中で、ゲストハウス間の競争は激しくなると思われます。

ゲストハウスを利用するような旅行者の需要に対して、ゲストハウスが提供するベッドの数が上手回るようになれば、当然といえば当然です。

ゲストハウス同士間の値下げ合戦による旅行者の奪い合いなどが起こるのは目に見えている中で、どうしたらそれぞれのゲストハウスが十分な旅行者を獲得し、持続可能なビジネスになるのか考えています。

credit: martinak15 via FindCC

1、まず全体のパイを増やすこと

まずはじめにやらなければならないこと。それは、ゲストハウスのターゲットとなるような属性の旅行者を増やすことです。

ゲストハウスのターゲットとなる市場は大まかに2つに分類されて、1つは訪日外国人、もう1つは日本人です。

訪日外国人

ゲストハウスという事業それ自体が、訪日外国人市場に直接的に影響力を持つことは非常に難しいです。

宿泊事業者がどれだけ頑張ってマーケティングしてプロモーションを行ったとしても、国自体に魅力を感じてもらわなければ、日本にすら来てもらえないわけですから。

できることは、宿泊した外国人に「日本ていいところだな、また来たいな」と感じてもらうこと。それに尽きるのではないでしょうか。

欧米圏はともかく、近年は台湾をはじめとするアジア圏からのリピーターが急増しています。リピーターを増やす努力を続けることです。

日本人

一方で日本人に対しては、するべきことがまだまだ多い気がします。

そもそも、ゲストハウスという宿泊施設の認知はホテルや旅館と比較して断然低く、その存在すらも知らない人が圧倒的に多いです。

まず認知をあげること。
日本にもゲストハウスという宿泊施設が存在し、それはどんな宿で、どんな旅行者が泊まると面白いと感じるか、をより多くの人に知ってもらうこと。

ゲストハウスはある種変わった宿泊施設なので、広大な市場はありません。なので、もの凄く多くの人がゲストハウスの存在を知ったからといって、もの凄く宿泊客が増えることは考えられません。

それでもより多くの人に知ってもらうことで、ゲストハウスに泊まってみたいというパイを広げることは可能です。

2、それぞれのゲストハウスが個性を発揮して、それぞれのゲストハウスにお客がつく

ある種変わった宿泊施設であるゲストハウスですが、そのゲストハウスの中にもそれぞれ個性があります。

スタッフがフレンドリーな宿、少しクールな宿。旅行者同士の距離が近い宿、程よい距離感がある宿。古民家で作られた温かみのある宿、鉄筋で作られたモダンな宿などなど。

あるいは、ゲストハウスの立地も個性なのかもしれません。駅に近い宿や離れた宿。超ど田舎にある宿や都会のど真ん中にある宿などなど。

そんな個性がより顕著に表現されているのが、ビジネスホテルなどにはない、ゲストハウスの面白いところだと思っています。

何かの本で読んで「なるほど」と思ったのですが、個性とはすなわち「差」であって、自分が他者と異なる「差」を意識し、より明確にすること。これが個性を伸ばす手助けになるそうです。

ゲストハウスに泊まる旅行者のなかでも、様々なバックグランドや趣味嗜好があり、一概にゲストハウスはこうあるべきだというものは存在しません。

別に人気のゲストハウスを真似する必要はありません。それぞれのゲストハウスがみずからの個性を発揮して、その個性に魅力を感じた旅行者が、それぞれのゲストハウスのお客になればいいと思っています。

というか、競争過多時代に行き述べる術は、他者の真似をせず独自の進化を遂げるしかないと、かのダーウィンも申しております。

金沢のゲストハウス「Good Neighbors Hostel」のオーナー。2軒目の「Blue Hour Kanazawa」開業しました。

 - ゲストハウスをつくる

Comment

  1. 西田和哉 より:

    吉岡さん

    はじめまして。西田と申します。

    私もいつかは東京でゲストハウスを開きたいと考えています。
    このブログは参考になる情報がたくさんあるので、いつも更新を楽しみにしています!
    今回書かれている内容についてとても共感したので、思わずコメントしてみました。

    近年ゲストハウスは結構な勢いで各地にオープンしていますが、それと同じ分だけ
    お客さんの数も増えているかというと、そうでないように思います。特に日本人のお客さんは。

    いつか自分のゲストハウスを開くときに業界が盛り上がっていなかったら、
    とてもやっていけないし楽しくもないだろうなと感じているのです。

    そこで、ゲストハウスやひとり旅の魅力をもっとたくさんの人に知ってもらうべく、
    Webメディアを立ち上げることにしました。

    http://higemuu.com/

    まだプレオープン中で、記事を書いてくださるライターさんを募集しているような段階なのですが、
    ゲストハウス業界を盛り上げ、市場の拡大に寄与できればなと思っています!

    ゲストハウスクリエイターズノートも業界の人のあいだではかなり注目度も高いですし、
    いつか一緒に面白い試みをできたらいいなあなんて、勝手に思っています。

    • ヨシオカタクヤ より:

      西田さん、こんにちは。

      はい、ゲストハウスの認知を上げることが重要だと思うのですが、
      そのためには、もっと「旅」を啓蒙する必要があるのかなと最近思っています。

      ひげむぅ見ました。応援しています、頑張ってください!
      いつか一緒に何かできたらいいですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

他の旅行者と会話したくない人は、ゲストハウスに泊まらないでください。

「ゲストハウス」という言葉を聞いて、普通の人たちは、一体どんな宿泊施設を思い浮か …

金沢ゲストハウス開業準備中
【発表】いま、あらためてゲストハウスを作ろうと思う。

2軒目となるゲストハウスを開業する予定です。 場所は石川県金沢市。 現在改装工事 …

【報告】ゲストハウス開業コンサルティング費用について

Aneta Ivanova金沢でゲストハウスを経営している吉岡(@guestho …

Neighbors Inn Kanazawaの運営を開始します。

2017年10月1日より、Neighbors Inn Kanazawa(ネイバー …

活かされていないモノ
「活かされていないものに息吹を吹き込む」ただそれだけでも価値があると感じた名古屋遠征

先週末、設計事務所のトラックをお借りして名古屋へ行きました。 空のトラックで名古 …

【金沢ゲストハウス求人情報】Good Neighbors Hostelでマネージャー募集!
【金沢ゲストハウス求人情報】Good Neighbors Hostelでマネージャー募集!

こんにちは、グッドネイバーズホステルの吉岡です。 最近ブログが滞っているのには訳 …

ゲストハウスは、「個性と多様性」を体現する宿泊業界のサードウェーブだ
ゲストハウスは、「個性と多様性」を体現する宿泊業界のサードウェーブだ

ぼくはコーヒーが大好きで、ゲストハウス業界以外にも、コーヒー業界を注意深くウォッ …

ゲストハウスクリエイターズノート
ゲストハウスクリエイターズノートブログを通して、絶対に起こってほしくないコト

もうすぐこのゲストハウスクリエイターズノートというブログを書き始めて1年になりま …

ついに始動「たった1年で世界74カ国の旅人が泊まったゲストハウスが新たにつくる金沢の宿とは?」プロジェクト
ついに始動「たった1年で世界74カ国の旅人が泊まったゲストハウスが新たにつくる金沢の宿とは?」プロジェクト

「たった1年で世界74カ国の旅人が泊まったゲストハウスが新たにつくる金沢の宿とは …

【CIRCLE OF LIFE】リゾートバイトで出会った2人がゲストハウスを作る物語

はじめまして。 CIRCLE OF LIFEの三浦香織と申します。 新潟県越後湯 …