ホテルをつくる

ゲストハウスオーナーの1日のタイムスケジュールを書いてみた。

ゲストハウスオーナーの1日ゲストハウスを金沢に開業して1ヶ月が経ちました。

開業当初は不慣れなことも多く、なかなか思い通りに運営をすることができずモドカシイ思いをしましたが、最近は慣れてきたのか大きなトラブルもなく日々を乗り切っています。

僕自身、生活にリズムが出てきてようやく腰を据えて今後のことを考える余裕も出てきました。

さて本日はゲストハウスの裏方である僕やスタッフが、どんなスケジュールで日々の業務に当たっているのか書いてみます。

現場で働いている人の1日のタイムスケジュールを知ることで、今後ゲストハウスを開業したい人の運営イメージにつながれば良いかなと思っています。

チェックアウト時間まで

5:30-6:00

だいたい6時前後に起床します。
後述しますが、就寝時間は夜12時頃です。

6:00-7:00

PCに向かい、夜の間に入った予約の処理業務を行います。

7:00-8:00

グッドネイバーズホステルは朝7時にフロントを開けるため、6時50分頃には宿に到着しています。宿に到着後、まだゲストが1階の共有スペースにいない場合は、1階部分のみ掃除を終わらせます。ぼくはこの時間に朝食を済ませます。

8:00-10:00

8時くらいになると、寝ぼけた顔でスタッフの東くんが起きてきます。ゲストも起きてきて徐々に騒がしくなってきます。チェックアウトの時間は10時までなので、この時間はゲストとお話ししたり、観光案内をしたりして共有スペースで過ごします。

10:00-12:00

チェックアウトの時間が過ぎると、掃除&ベッドメイクの時間が始まります。その日のチェックアウトの人数にもよりますが、約2時間かけてお部屋の掃除・ベッドメイク、トイレ・浴槽の掃除を行います。

12:00-15:00

掃除が終わりチェックインが始まるまでの3時間が、唯一の隙間時間です。この時間帯はエントランスのドアを閉めます。(それでもこの時間に荷物置かせれくれーっていうゲストが多々ですが。)

スタッフと昼食をとり、30分ほどお昼寝することもあります。

チェックイン時間から

15:00-21:00

チェックインの時間は15時から21時です。
チェックインのゲストをお待ちするため、基本的にはフロント周りに陣取っています。

とはいえ、夕方以降(18時〜)にチェックインするゲストが多いため、暇な時間は予約の処理業務や経費管理、またはWebサイト修正やSNS・ブログを書いたりするなどのマーケティング業務に当てています。

夜になるとだいたい外国人ゲストが共有スペースでダラダラし始めます。とくに欧米系の人は昼間は観光するけれど、夜は宿でゆっくりする人が多い気がします。

観光の相談に乗ったり次の目的地のゲストハウスを代わりに予約してあげたり。またはダラダラとおしゃべりを楽しむことも。1週間に1、2度はゲストと一緒に夕食を作り食べることもあります。

21:00-23:00

チェックインの時間が過ぎると差し迫ってしなければならないこともないので、ゲストとゲームをしたり(バックギャモンや四目並べ)、お酒を一緒に飲むこともあります。

うちの宿の消灯時間は23時半。
23時を過ぎると、ぼくは東くんに後を託し家に帰ります。
東くんに翌日になって、昨晩どうだったと聞くと大体2時くらいまでゲストと喋っているか飲んでいます。。若いっていいねー。

23:00-24:00

家に帰りちょこちょこと残った仕事や雑用を片付け、大体いつも12時前後には横になります。

終わりに

もちろん毎日がこんな感じではなく、ぼくも夜遅くまでゲストと話し込んだり、逆にゲストが少なく東くんと暇だなーなんて話しながら、22時半に帰ってしまうこともあります。

-ホテルをつくる