ゲストハウスクリエイターズノート

金沢のゲストハウス「Good Neighbors Hostel」オーナーの個人ブログです。現在マネージャー募集中!2軒目の「Blue Hour Kanazawa」も開業しました。

中国人の、中国人による、中国人旅行者の為のゲストハウスは現れるか?!

   

chinese
Photo by Jonathan Kos-Read

2014年7月の訪日外国人数が発表されましたね。
7月の訪日外国人客、最多127万人 羽田拡充・東アジア便効果

結果は、前年同月比26.6%増の126万9700人で、1カ月間での過去最高を更新しました。

きっとこのニュースを見て、よしインバウンドの時代が来た、俺昔バックパッカーだし、いっちょゲストハウスでもやるか!って思った人が300人くらいはいると予想します。

そんなことより、注目は中国人旅行者の増加です。
前年同月比約2倍の28万人が来ています。
7月の国別では中国が首位でした。

いよいよ来たか〜って感じですが、

そうは言っても、お隣韓国には中国人が月間60万人来ている。

確かに日本に来ている中国人は増えてはいますが、お隣の韓国には倍の60万人の中国人が訪れています。

2013年、1億人の中国人が海外旅行に出ています。
中国:2013年の出国者数が約1億人に トラブルも増加

僕がバックパッカーとして海外を旅していた10年前は、中国人のバックパッカーなんてほとんど見かけませんでした。アジアのバックパッカーはダントツで日本人が多く、その次に韓国、台湾でした。

それが今では、日本人バックパッカーが減り、どこに行っても中国人がいると聞きます。国の勢いの違いが世界に出て行くバックパッカーの数にも比例しているのでしょうか。。?!

で、年間1億人も海外旅行している中国人ですが、昨年日本に来た中国人の数はたった220万人です。

1億人の、わずか2%ちょっと。

ここは伸ばしがいがあるというか、今後日本が観光立国として年間2000万人、3000万人を呼び込む為には、この中国市場に食い込むしか方法はないと思っています。

確かに台湾や香港は親日でリピーターも多いですが、人口が限られています。(今年度の訪日香港人数は100万人に届きそうです。これは驚異的な数字で香港は人口700万人しかいないので、なんと7人に1人が日本に来ていることになります。)

で、この香港が10年後に200万人、300万人になるかと言ったら、絶対ならないんです。同じく台湾やシンガポールも同じです。(タイやインドネシアは伸びシロはまだまだありますが、)欧米圏も「距離」という、どうしてもマーケティングだけでは越えられない壁があるので、自然狙うは中国なんですよね。

chinese01
Photo by Doha Stadium Plus

中国人御用達のゲストハウスが現れてもおかしくない

日本人バックパッカーが全盛期だった90年代〜2000年初頭、海外どこに行っても「日本人宿」なる日本人しか泊まっていないようなゲストハウスが、そこら中にありました。

インドのパラゴンや、エジプトのサファリホテル、アルゼンチンの日本旅館などなど。それらの宿泊施設は日本人以外の外国人は、ほぼ泊まりにきませんでした。なぜなら宿泊客は日本人ばっかでウザイから・・

でも当時は日本人バックパッカーの数が多かったので、経営的には安定していたなんじゃいかと思います。宿の設備やスタッフのサービスとか関係なく、「日本人宿」と冠が付くだけで旅行者が集まってきていたので。

今後間違いなく訪日中国人旅行者は増えてきます。それに備えて、今からターゲットを中国人だけに絞り、中国人向けにマーケティングするのも戦略かもしれません。

確かにまだまだ旅のスタイルが洗練されていなかったり、マナーの問題など中国人を心地よく受け入れるには、越えなければならない問題が多いことは確かですが、ポテンシャル的にはやっぱり中国人でしょ、と思う訳です。

終わりに

日本人旅行者も昔は全然洗練されていなかったので、今の中国人旅行者のことを小馬鹿にするのはちょっと?かと感じます。

10年すれば中国人の旅に対する態度も変わるでしょう。

金沢のゲストハウス「Good Neighbors Hostel」のオーナー。2軒目の「Blue Hour Kanazawa」開業しました。

 - 観光業界ニュース ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「ノーウェアリゾート」流の、「暮らすように旅する」宿泊施設4つ

間違いなくこれからの旅のトレンドになる「暮らすように旅する」。 とりあえずこのキ …

業界騒然!アマゾンが宿泊予約サービス(OTA)参入だ

3連休に超ビッグな話題が海外から流れてきました。 Exclusive: Amaz …

アレックスカーとは?日本の古民家をモダンな宿にプロデュースする奇才

今とってもお会いしたい方がいます。 アレックス・カー(Alex Arthur K …

キュレーション系オンラインホテル予約サイト「Hotelied」が面白い!

アメリカのツーリズム関係のスタートアップで、面白いサービスを発見したのでシェアし …

クリンク(Clink)
ぽ、ポッシュテル?!ホステル業界に新しいカテゴリーが登場したらしい

ちょっと前にYahoo!ニュースで、海外ホステルのニュースが掲載されていました。 …

意外と知られていない「暮らすように旅する」スタイル誕生秘話

最近、この言葉をよく聞きませんか?! 暮らすように旅する 「暮らすように旅する」 …

今、話題の元バックパッカー若手起業家3人の紹介

本日は、今をときめく(死語?)若手起業家3人を紹介します。 みなさんまだ20代で …

オンライン旅行会社のライバルとなった「Google Hotel Finder」は、旅行業界のゲームチェンジャーとなるか?!

はい、Google Hotel Finderについて3エントリー目です。しつこく …

Google Hotel Finderで、自社ホテルを検索で上位表示させための5つのヒント

昨日に引き続きGoogle Hotel Finderについてです。 ちなみに昨日 …

2014年度の訪日外国人数の結果を見て個人的に驚いたポイントと、来るべき未来のインバウンド事情

2014年の訪日外国人数の結果を受けて、これからインバウンドはどうなるんだろうな …