ホテルをつくる

サイトコントローラーとは?どのサイトコントローラーが小規模ホテルに向いているか比較した

サイトコントローラーとは?どのサイトコントローラーがゲストハウスに向いているか比較したサイトコントローラーをご存知でしょうか?

サイトコントローラーとは、複数の宿泊予約サービス(じゃらんやBooking.com)を一元管理できるオンラインのシステムです。施設側はサイトコントローラーを使用することで、在庫管理や料金設定、プランの更新をPCやタブレットなどで一元管理することができるようになります。

大規模なホテルでは部屋数も多く、提携する宿泊予約サービスの数も多いことから、サイトコントローラーを使用している場合がほとんどだと思いますが、ゲストハウスや民泊、民宿などの小規模事業者でサイトコントローラーを使用しているところは、どれくらいあるのでしょうか?

個人的には、予約管理の手間をなくすためにサイトコントローラーの利用は必至だと思っています。ただ現在国内のサイトコントローラーを提供している会社はいくつかあり、正直どこがよいのか分からないので、ちょっと調べてみることにしました。

サイトコントローラーを導入すると可能になること

まず、サイトコントローラーを導入すると、どのようなことができるか調べてみました。基本的にはどこの会社のサイトコントローラーでもできることは同じです。

在庫・料金管理

カレンダーを用いて、日ごとの在庫調整や詳細な料金の管理ができます。

料金ランク設定

季節によって料金を変動させたい場合、複数の料金ランクを設定することができます。

予約管理

予約日、チェックイン日、予約者情報、宿泊プランなど、一覧で予約状況を確認できます。

分析

予約サイト別の販売実績、部屋タイプ別の販売・稼働実績などを簡単にCSVでダウンロードすることができます。

国内サイトコントローラーおすすめ4社紹介

サイトコントローラーを提供している会社はいくつもありますが、基本的には「TL-リンカーン」「手間いらず」「ねっぱん!」の国内大手3社と民泊やゲストハウスでの利用が多い「Beds24」を押さえておけば間違いないでしょうか。

その他にも「らくじゃん」「らく通」「ルーム・マネージャー」などがあります。

TL-リンカーン

株式会社シーナッツが提供するサイトコントローラー。リクルートの資本が入っている国内最大手のサイトコントローラです。
TL-リンカーン

手間いらず.NET

比較.com株式会社が提供するサイトコントローラー。世界最大の宿泊予約サービス「Booking.com」の推奨サイトコントローラーに選ばれるなど、インバウンドに強みがある印象です。
手間いらず.NET

ねっぱん!

株式会社クリップスが提供するサイトコントローラー。楽天の資本が入っているので、楽天トラベルに在庫提供している場合は、初期費用や月額利用料が一切無料です。
ねっぱん!

Beds24

Beds24」とは、2009 年にサービスを開始したサイトコントローラー&PMS&予約エンジンです。世界の約10,000 施設(201年8月末現在)、日本国内では約2,200 施設で導入されています。

Beds24は、AIの機能を持つアプリとの提携を通じ多様な機能を提供中。具体的には、ダイナミックプライシング、不正クレジットカード利用の防止等。多彩な AIの機能により、宿泊業界の単純作業を自動化し、「人にしか出来ないおもてなしの仕事」を増やせる環境を目指しています。

価格は最低3,300 円から、10部屋ほどの宿泊施設では6,000円ほどの月額使用料で利用することができます。なお、弊社はBeds24と代理店契約を結んでいます。以下のリンクからお申し込みをすると、無料トライアルが2ヶ月になります。(通常は1ヶ月)

Beds24の無料トライアルを申し込む

サイトコントローラー提供サービスの比較

というわけで、上記4社が出そろいましたが、この中でどの会社のサイトコントローラーを使用するべきでしょうか?初期費用や月額利用料金などを一覧で比較したいと思います。

 初期費用月額費用  
Beds24無料3,300円〜
TL-リンカーン100,000円15,000円~
手間いらず.NET30,000円4980円+1通信48円
ねっぱん!50,000円5,000円〜

機能と価格で選ぶなら「Beds24」

Beds24は、宿泊施設にとって、最も簡単にかつ最もコストパフォーマンス良く運営管理ができる方法です。なぜなら、ホテルで最も大切な機能であるサイトコントローラーとPMSの両方が備わっているからです。

ほとんどの会社は、サイトコントローラーのみ。PMSのみです。Beds24は、両方利用できます。

加えてBeds24は、自社ホームページに搭載可能な予約エンジンを”無料”で使うことができます。

またBeds24は、さまざまな外部サービスと連携して、予約から決済、チェックインまで人の手を介さずに自動化することが可能です。

大きなホテルに対抗して小さな宿泊施設が生き残るためには、面倒な業務を自動化し、少ないリソースを人の手によってしか提供できない「集客」や「接客」に振り向けることです。その時間の捻出こそが、Beds24の最大の価値だと思っています。

最大手の安心感で選ぶなら「ねっぱん!」

サイトコントローラーの最大手はねっぱん!です。楽天の子会社であるため、資金力があり突然サービスが止まることはないはずです。また一休やReluxと接続することも可能なため、旅館や高級ヴィラなどは、Beds24よりもねっぱん!の方が使い勝手は良いです。

追記

このエントリーを書いたのは2014年でした。サイトコントローラー業界も様変わりしましたね。

2020年11月現在、金沢市で6施設の宿泊施設の運営を行なっていますが、すべての宿でBeds24を使っています。

Booking.comの事前決済機能や複数施設の一括管理、ダイナミックプライシングによる自動値付けなど、この料金でここまでできるるの??というほど宿の裏側を支える機能が満載です。欲を言えば、国内OTAの楽天トラベルとはやく接続してほしいですが。(弊社はねっぱんを併用することで、楽天やじゃらんとも繋いでいます。)

今なら、Beds24をおすすめします。

-ホテルをつくる
-, ,