ゲストハウスクリエイターズノート

金沢でゲストハウス4軒を経営中。今春にSUSHI店もオープン。事業拡大につき、新メンバー募集しています。

ゲストハウスが今後メインストリームになることは絶対ないし、現在も超ニッチでこれからも超ニッチであり続ける

      2015/04/16

ゲストハウスが今後メインストリームになることは絶対ないし、現在も超ニッチでこれからも超ニッチであり続ける一昨日書いたエントリー。
ゲストハウスは本当にブームなのか?!適当に調べてみて分かった本当はゲストハウス開業ブームだ。

今はゲストハウスがブームなんじゃなくて、ゲストハウスの開業がブームだということを書きました 。

このエントリーを書いてて思ったんですが、どうしても業界に身を置いてしまうとポジショントークを繰り広げてしまうということ。

それは全然悪いことではないし業界を盛り上げるためには必要なことだけれど、気をつけないといけないのは、それがポジショントークだということを忘れてしまって何か勘違いしちゃうこと。

Photo by carianoff

ゲストハウスは超ニッチで、これからも超ニッチであり続ける

どういうことかと言うと、ぼくの場合これから金沢でゲストハウスを開業します。

メインターゲットは訪日外国人ですが、お部屋を埋めるためには別に国籍なんて関係なくて日本人にも当然来て欲しいと思っています。

日本人旅行者に来てもらうために、ゲストハウスという宿泊スタイルの良さを情報発信するし、他の宿泊施設との差異をことさら強調するし、ゲストハウスに関する情報を収集し、ほれ〜ゲストハウス業界盛り上がっているでしょう?泊まりたいでしょう?とやるかもしれません。やらないけど。

日本人がGoodNeighborsに宿泊したら、なぜ宿泊場所にゲストハウスを選んだか質問し、帰ってきた答えが「楽しそうだから」「他のホテルでは体験できないことがありそうだから」など肯定的でかつ自分が思い描くゲストハウス像に近いのであれば、自己満足してやはりこの時代にゲストハウスという宿泊スタイルが求められているんだと勘違いするかもしれません。

そしてついついゲストハウスがブームだー、なんて勘違いしてしまいポジショントークを繰り広げてしまう。

でも、それは業界に身を置き業界のことしか考えてなくて、悪い言い方をすると洗脳みたいなもので、俯瞰的に宿泊業界全体を見るとゲストハウスは超ニッチでこれからも超ニッチであり続けると思っています。

人は見たいものしか見えないと、誰か偉い人が言っていました。

他の例だと、最近では一部の人が日本の地方が面白いと言っています。大都市でバリバリ働いていた人が何らかの理由で地方に移住し、その緩い生き方や濃い人間関係など都市にはない機能に魅了され、そしてネットを使って情報発信し「地方から日本を変える」と息巻くパターンです。

でもやっぱり地方から日本が変わることなんてないし、地方に生きている人は大都市に行きたいし、どんどん加速する地方の衰退を止めることは困難だと思うのです。

終わりに

なんだかんだ言って、人間はコスパで動く生き物なのではないでしょうか。

そこそこ安くて駅から近くて便利なビジネスホテルやシティーホテルとは土俵が違うということを、最近は肝に命じています。

別にゲストハウスという業界に悲観しているわけではなく、ニッチにはニッチのやり方があって間違えないようにしないといけないのかなと。

金沢のゲストハウス「Good Neighbors Hostel」のオーナー。2軒目の「Blue Hour Kanazawa」開業しました。

 - ゲストハウスをつくる

Comment

  1. サトシ より:

    興味深い話ですね。

    僕は日本における「ゲストハウス」という定義が
    海外のゲストハウスと違ってきてしまう可能性もあるなと思っています。
    具体的には「ドミトリーがある外国人OKの安宿」
    になってしまうんじゃないかなと。
    そうなった場合は、ニッチじゃなくなるかもなと。

    「交流の場」が一番大事だと思っていたのですが
    昨今の流行を鑑みるに、
    とりあえず「お洒落な外国人向け安宿」を作るって感じになっている気がします。
    供給がすくない過渡期独特の流れかもしれませんが少し残念です。

    • ヨシオカタクヤ より:

      サトシさんコメントありがとうございます。

      ゲストハウスの明確な定義は知りませんが、少なくとも「ドミトリーがある外国人OKの安宿」というのは、すでに皆が考えるゲストハウス像ではないでしょうか?海外のゲストハウスもそうですよね?!少なくともぼくが海外を旅していた時は、安いという理由その一点だけでゲストハウスを利用していました。

      むしろ「交流の場」を積極的に打ち出しているゲストハウスの方が、僕には新しい視点なような気がしています。

  2. サトシ より:

    ヨシオカさん、こちらこそ返信ありがとうございます。

    なるほど! 物怪の幸い的なお言葉を頂けました。
    私は沖縄で仕事をしていた期間が長く、自分の基準は沖縄型ゲストハウスになっているんだなと気付かされました。
    外国の場合も仕事の都合と宿泊者の口コミで渡り歩いた為、傾向が偏ってしまったのかも。
    自分の作りたいゲストハウスは、「交流の場」が一つの基軸となっているのですが、一度白紙の状態から考えてみます。

    • ヨシオカタクヤ より:

      サトシさん
      物怪の幸い。。ぐぐりました。
      「交流の場」がメインのゲストハウス、いいじゃないですかー!

ヨシオカタクヤ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ゲストハウス物件が決まったら、Googleマイビジネスに登録しよう!
ゲストハウス物件が決まったら、Googleマイビジネスに登録しよう!

ついに北陸新幹線が開業しました。 いたるところに「新幹線が春を連れて、やってくる …

ゲストハウス開業2年!ゲストハウス経営者の生活はいかに変化したのか。

金沢でゲストハウスを経営している吉岡(@guesthouse_note)です。 …

クラウドファンディング挑戦
新ゲストハウス「Blue Hour Kanazawa」でクラウドファンディングに挑戦します!

クラウドファンディングを利用し、「Blue Hour Kanazawa」の資金を …

Blue Hour Kanazawaの立ち上がりを(多分)1年間見守る会
【発足】Blue Hour Kanazawaの立ち上がりを(多分)1年間見守る会

Blue Hour Kanazawaの立ち上がりを(多分)1年間見守る会を、本日 …

金沢ゲストハウス開業準備中
【発表】いま、あらためてゲストハウスを作ろうと思う。

2軒目となるゲストハウスを開業する予定です。 場所は石川県金沢市。 現在改装工事 …

近況報告。保健所と消防の検査が終わりました。

久しぶりの投稿です。 毎日の業務に追われ頭がパンクしそうなので、ブログを1週間も …

活かされていないモノ
「活かされていないものに息吹を吹き込む」ただそれだけでも価値があると感じた名古屋遠征

先週末、設計事務所のトラックをお借りして名古屋へ行きました。 空のトラックで名古 …

ゲストハウス事業は、他業種と比較して相対的に競争力のある事業だと考える4つの理由
ゲストハウス事業が、他業種と比較して相対的に競争力のある事業だと考える4つの理由

外国人をターゲットにした簡易宿泊所であるゲストハウスやホステルを、今後開業したい …

奈良でゲストハウス開業しました!-奈良 開業BLOG第3回目-

こんにちは。平山です。 吉岡さんにこちらのBLOGを借りての3回目の投稿です。 …

オリジナルであるということ。宿もマーケティングも進む方向も個性的でユニークに!

アートの島として有名な直島に、ちょっと変わった宿があります。 「島子屋」という宿 …