ゲストハウスクリエイターズノート

金沢でゲストハウス3軒を経営中。事業拡大につき、新メンバー募集しています。

消費者は宿泊先決定の際、必ず施設サイトを確認しますよって話

      2015/01/27

finaldecisionmake01
施設のWebサイトに、FacebookやTwitter、そしてTripAdvisorやOTA(Online Travel Agency)などなど、昨今は予約担当者が気にしなければならないチャネルが急増中です。

宿泊施設を予約しようとしているゲストにとっても、予約チャネルの複雑化はあまり喜ばしいことではないはずです。

本当はBooking.comで予約したいのにもかかわらず他のOTAの方が安い場合や、ホテルのWebサイトに、Webサイトで予約する人限定の特別プランが出ており、そちらで申し込んだ方がお得になったり。

結局、消費者は損をしたくないんですよね。。

そんな昨今の状況の中、海外の消費者2000人にインタビューした、「最新のホテル予約経路」の調査結果が発表されました。
The New Hotel Booking Path to Purchase

ほとんどの人は、ホテルのサイトを確認してから予約の最終決定をする。

この調査結果を見てみると、

ほとんどの人は、最終的にホテルのサイトを確認してから予約決定を下すそうです。

たとえ、TripAdvisorで良いレビューが並んでいても、Booking.comで魅力的な価格でお部屋が提供されていても、消費者はそれだけの情報で満足しないのです。

一方でFacebookiに代表されるSNSが、予約に至る一連のプロセスの中で、参考にすると答えた消費者は13%しかいなかったそうです。

確かに僕自身もホテルや旅館を予約する際、じゃらんや楽天トラベルで一通り調べた後に、気に入った施設があればその施設のWebサイトを確認するというプロセスをへています。そしてFacebookなどのページは一切確認したことがないです。。

この結果から何かよいアイデアを得られないか考えましたが、以下の2点があるのではないでしょうか?

1、コンテンツは自施設Webサイトに集約させる。

よくありがちなパターンとして、ホテルやゲストハウス開業時にWebサイトを作成し、その後一切更新せず必要な情報は全てFacebook上で行うパターン。

この調査結果から見ても、消費者はFacebookをほとんど見ていません。もちろん一度宿泊したことがあり、その施設のファンになった場合は除きますが。

よって、出来るだけコンテンツ(ホテルやゲストハウスの周辺情報、新しい宿泊プラン、季節のニュースなど)は、自施設Webサイトに集約させた方がよいでしょう。

いざ予約しようとWebサイトを見ても、開業時以来何も更新されていないサイトであれば、みすみす見込み客を逃してしまう可能性もあります。

もちろんSEO的な観点から考えても、自サイトにコンテンツを継続的にアップしていくことはよいことです。

2、自施設Webサイトで直ブッキングさせる導線を作る。

仮にBooking.comで予約をしようとしているゲストが、最終チェックのためホテルのWebサイトに訪れたとします。

もしそのサイトにBooking.comより魅力的な宿泊プラン(例えば価格が安いとか、ウェルカムドリンクが出るとか、予約者のメリットになれば何でも良いですが)があれば、直ブッキングに繋げることが出来るのではないでしょうか?

施設側としても、OTAに支払うコミッションの分だけ、何かしらを直予約のゲストに還元できるような仕組みです。

そんなチャンスを逃さない為にも、分かりやすい予約までの導線と、直予約のメリットを用意しましょう。

終わりに

以下のURLからより詳細な調査結果をダウンロードできます。

ちなみに、こんな情報が掲載されています。

Over 60% of travelers used a mobile device – 47% a smartphone – during their hotel purchase journey. But only 6% booked their hotel via a smartphone.

Price comparison sites play an important role even when they are not the final purchase location.

The New Hotel Booking Path to Purchase

金沢のゲストハウス「Good Neighbors Hostel」のオーナー。2軒目の「Blue Hour Kanazawa」開業しました。

 - ホテルマーケティング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

rock star hotelに上げて落とされた件

2013年12月 大阪に凄く尖ったデザインホテルが誕生しました。 その名も「ro …

【比較】ホテルやゲストハウスにとって、外国人と日本人はどちらが大事か?

海外のホテルマーケティングメディアの「Hoteliyo」に面白いエントリーが上が …

タイムラプス動画を、ホテルやゲストハウスのマーケティングに活用しよう!

タイムラプス(Time Lapse)って知っていますか? タイムラプスとは、定位 …

ヌルっと超簡単にタイムラプス動画を撮影できる「Hyperlapse」アプリ

先日以下の記事を書いたんですが、すっかりタイムラプス動画の撮り方を調べて掲載する …

ホテルやゲストハウスの最強戦略は、「ディスティネーション化」すること

宿泊施設の理想型の1つは、「旅のディスティネーション」になることだと思っています …

まだやってない?Instagramを利用したホテルマーケティングの10個のヒント

今日はインスタグラムを使ったマーケティングについて、海外レポートの紹介です。 I …

もはやホテルやゲストハウスは、理想のライフスタイルを提案する「場」なのである。
もはやホテルやゲストハウスは、理想のライフスタイルを提案する「場」なのである。

ホテルビジネスの本質って何なんだろうと考えます。 もちろん基本はお客様に快適なお …

まずは稼働率を上げよ!話はそれからだ。

この1ヶ月、ブログをサボってしまいました。 というのも、稼働率を上げるのにそれは …

響きの良いコンセプトが溢れる中、コンセプトを掲げること自体がコモデティー化という現実

どんな事業を行う上でも、コンセプトはとても大事です。以前、このブログでもコンセプ …

北陸新幹線開業とゲストハウス開業
北陸新幹線開業にゲストハウス開業が間に合わなくて良かったなと思った話

先日、ある飲食店の店主と話している際、北陸新幹線開業の話になりました。 店主いわ …