ゲストハウスクリエイターズノート

金沢のゲストハウス「Good Neighbors Hostel」オーナーの個人ブログです。現在マネージャー募集中!2軒目の「Blue Hour Kanazawa」も開業しました。

訪日外国人バックパッカーは古民家(町家)ゲストハウスを求めているのか?

   

photo credit: <a href=訪日外国人バックパッカーは古民家(町家)ゲストハウスを求めているのか?

この問いが、ずっと僕の頭の中にありました。

というのも、古い歴史や生活文化が残る金沢でゲストハウスを開業するにあたり、宿泊する場所それ自体も金沢という街を感じられるような、古民家や町家的な建物が向いているのではないかとずっと考えていたからです。

ちなみに僕がゲストハウスの物件として選んだのは、鉄筋コンクリートの4階建て。金沢らしさは全くありません。

photo credit: Jumping on Mission Beach via photopin (license)

人は異文化を探求するために旅をするけれど、異文化に浸りきりすぎると疲れる

現時点で、前述の問いに対する結論を先に書くと「古民家である必要は全くない」です。

旅人は自国と異なる文化や歴史・自然を探求するために旅をします。見たこともない景色に感動し、食べたことのない食事に舌鼓を打ち、言葉が通じない人とのコミュニケーションを楽しむ。

これこそがまさに旅の醍醐味です。

一方で、あまりに異文化に浸りきってしまうと、旅人は疲れてしまいます。

なんだか矛盾するようですが、旅先での旅人の行動は異文化と自文化の間をバランスを取りながら行き来しています。異文化に浸りきることもないし、言わずもがな異国にいるので自文化に居続けることは不可能です。

というか、異文化の中で異文化からの逃避行動を行うとでも言うのでしょうか。

ぼくは結構長い間海外を旅してましたが、時々日本人とのコミュケーションが取りたいがために日本人しか泊まらないような日本人宿に宿泊したり、日本食が恋しくて高いお金を払ってわざわざ日本食レストランに通ったこともありました。

いま振り返って考えてみれば、これも一種の異文化からの逃避行動です。異文化の中に居続けることが苦しいから、短期的にでも日本人宿や日本食レストランに逃げ込んだのです。

訪日外国人バックパッカーも逃避場所を探している

日本でもスタバやマックで息を抜く訪日外国人を見るたびに、彼らも一緒なんだなと思います。日本文化に浸りきる観光の合間に、少しでも自国文化が感じられるような場所で息を抜く。

宿に対してもそんな逃避場所としての機能を求めている外国人が多いのに最近気がつきました。

一度は畳の上に布団を敷いて寝てみたいけど、それが日本滞在中ずっとだと疲れてしまう。靴を脱いで日本家屋にあがる生活文化を体験してみたいけど、それが便利で心地よいかというとちょっと違う。

1日の観光の疲れを取るために、宿泊場所だけは自国と同じようなスタイルの宿泊施設に泊まりたいというニーズが確実にあることを感じています。

もちろんそうではなくて、どっぷりと日本家屋の日本スタイル宿泊施設に泊まりたいという層が存在するのは否定しませんが、特に欧米系の旅行者は日本との文化の差異が激しいだけに、この傾向が顕著な気がします。

終わりに

うちのホステルは鉄筋4階建てで、共有スペースの壁が鮮やかなブルーで塗ってあるので、一見日本らしいところはあまりありませんが、実はあえて3階にある和室だけは改装前の状態のまま残してあります。

今のところ、この和室のお部屋の稼働率が一番高いので、全然ぼくの考え方が間違っているのかもしれませんが・・

ってここまで書いててやっぱり妄想かもしれないと思い始めています。やっぱり古民家ゲストハウスとか泊まりたいですよね、きっと。

金沢のゲストハウス「Good Neighbors Hostel」のオーナー。2軒目の「Blue Hour Kanazawa」開業しました。

 - ゲストハウスをつくる

Comment

  1. なかじ より:

    まったく、その通りだと思います。
    異文化体験として古民家に泊まりたいというのはありますよね。
    でも、1週間ずっと泊まりたいかというと、そういう人は少ないんじゃないかと思います。疲れますよね。
    みんな「旅をたのしむ」ために来ているのであって「宿をたのしむ」ために来ているわけではありませんから。(そういう人もいるでしょうけどね)

    同じように、「ゲストハウスといえばドミトリー」という常識も、個人的には「どうなのかなぁ~」と思っています。(これ言っちゃうと、ゲストハウス否定みたいに聞こえちゃうと思いますが)
    確かに知らない人との交流は楽しいですが、正直言って疲れます。
    私はドミトリーでぐっすり眠れたことはありません。
    ガサガサ音、いびき、匂い、視線、その他いろいろ・・・
    逆に「迷惑をかけてはいけない」というプレッシャーもあります。
    「そんな細かい奴はホテルに泊まれ」と言われそうですが、たぶん皆さん多かれ少なかれ同じことは思っていると思うんですよね。「ぐっすり眠れない」というマイナス点と「交流がある・安い」というプラス点を天秤にかけて、一応釣り合っているからゲストハウスを選ぶ、という感じ?
    今後、カプセルタイプがもっと注目されるんじゃないかと思ったりしています。寝るスペースはガッツリ寝ることに特化したスペースで快適空間。あとは交流スペースやキッチンが充実していれば文句ないと思いますが・・・どうでしょう?(^^;)

  2. みゅこ より:

    これ本当にそうですよ。
    京都や金沢って街が和風できれいだけれど、家の中まで和風なのはtoo muchだと外国人が言っていました。

    私も町屋を改造したゲストハウスを経営したい!と長く思っていましたが、今はIKEAでAirbnb経営しようと思っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ついに始動「たった1年で世界74カ国の旅人が泊まったゲストハウスが新たにつくる金沢の宿とは?」プロジェクト
ついに始動「たった1年で世界74カ国の旅人が泊まったゲストハウスが新たにつくる金沢の宿とは?」プロジェクト

「たった1年で世界74カ国の旅人が泊まったゲストハウスが新たにつくる金沢の宿とは …

個人事業主 or 法人設立?ゲストハウス開業前に検討するべき3つのポイント

これからゲストハウスを開業する方で、個人事業主としてゲストハウスを経営するか、法 …

ドミトリー収益性
ゲストハウスのドミトリー部屋の収益性の高さについて

※写真と本文の内容は全く関係がありません。 ようやくお盆が終わりましたね。 夏の …

ビジネスをしてて何が辛いって、全然自分がターゲットとして考えていないゲストが来て不満を抱えて去っていくこと

ビジネスをしてて何が辛いって、全然自分がターゲットとして考えていないゲストが来て …

ゲストハウス事業は、他業種と比較して相対的に競争力のある事業だと考える4つの理由
ゲストハウス事業が、他業種と比較して相対的に競争力のある事業だと考える4つの理由

外国人をターゲットにした簡易宿泊所であるゲストハウスやホステルを、今後開業したい …

GoodNeighbors Hostel
GoodNeighbors Hostelの簡単な紹介

GoodNeighbors Hostelの簡単な紹介です。 よろしくおねがいしま …

ゲストハウスが今後メインストリームになることは絶対ないし、現在も超ニッチでこれからも超ニッチであり続ける
ゲストハウスが今後メインストリームになることは絶対ないし、現在も超ニッチでこれからも超ニッチであり続ける

一昨日書いたエントリー。 ゲストハウスは本当にブームなのか?!適当に調べてみて分 …

ゲストハウス開業2年!ゲストハウス経営者の生活はいかに変化したのか。

過去のブログエントリーを振り返っていたら、こんなのを見つけました。 ゲストハウス …

奈良でゲストハウス開業しました!-奈良 開業BLOG第3回目-

こんにちは。平山です。 吉岡さんにこちらのBLOGを借りての3回目の投稿です。 …

Blue Hour Kanazawaの立ち上がりを(多分)1年間見守る会
【発足】Blue Hour Kanazawaの立ち上がりを(多分)1年間見守る会

Blue Hour Kanazawaの立ち上がりを(多分)1年間見守る会を、本日 …